スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文(ぶん)

「あら魔理沙。悪いけど今日はお茶を切らしているのよね」
 神社の境内を箒で掃いていた友人の巫女さん――博麗霊夢が開口一番に言ったのがこの台詞だった。
「私は別にお茶を飲むために神社に来ているわけじゃないんだが」
 とは言いつつも、ここまで来るまでに喉が渇いていたので一杯は飲みたかったのだけれど。
 恒例のように賽銭箱の中に目をやる。相変わらず参拝客は少ないようですっからかんに近い状態だった。本日のお賽銭も惨敗である。お情けで森で採ってきたキノコをねじ込んでやった。三つくらいねじ込んだ。怒られるかもしれないけど、まあいっか。
 賽銭箱の横辺りに座り足をぷらぷらさせる。霊夢は黙々と箒で掃いている。たまには私も手伝ってやったほうがいいのだろうか。



特に何も考えず打ち込んでいた文章があったので供養。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

「言いつつも」に「けれども」は文章としてくどい。「だが」とかのがしっくりくるし、以後の地の分が口語体なのでそこを基準ととるなら「だけどな」等口語体で合わせるのも適切
「恒例のように」と「目をやる」は対応していない。目をやるというのはあくまで自然な動作に過ぎず、「恒例のように」と修飾するのは不自然。対応させるなら「身を乗り出して賽銭箱を覗き込む」等
が自然、目をやるという方に対応させるなら「ちらりと」で十分。自然な動作であること、直後の「相変わらず」という表現から恒常的に行っていることは読み取れる
「お賽銭も惨敗」は書き物の表現としては間違いという訳ではないが、もう少し惨敗よりも対応する言葉がありそう。惨敗は比較の対象をイメージさせてしまい若干不自然
ねじ込んだを二文で繰り返す強調表現は間違いではないが、口語体の地の文でこの繰り返し方は若干不自然
「賽銭箱の横あたり」は若干イメージしづらい。「足をぷらぷらさせる」から縁側に腰かけていると読み取れるが、この一文はもう少しきれいに表現できそう

Re: タイトルなし

> 「言いつつも」に「けれども」は文章としてくどい。「だが」とかのがしっくりくるし、以後の地の分が口語体なのでそこを基準ととるなら「だけどな」等口語体で合わせるのも適切
> 「恒例のように」と「目をやる」は対応していない。目をやるというのはあくまで自然な動作に過ぎず、「恒例のように」と修飾するのは不自然。対応させるなら「身を乗り出して賽銭箱を覗き込む」等
> が自然、目をやるという方に対応させるなら「ちらりと」で十分。自然な動作であること、直後の「相変わらず」という表現から恒常的に行っていることは読み取れる
> 「お賽銭も惨敗」は書き物の表現としては間違いという訳ではないが、もう少し惨敗よりも対応する言葉がありそう。惨敗は比較の対象をイメージさせてしまい若干不自然
> ねじ込んだを二文で繰り返す強調表現は間違いではないが、口語体の地の文でこの繰り返し方は若干不自然
> 「賽銭箱の横あたり」は若干イメージしづらい。「足をぷらぷらさせる」から縁側に腰かけていると読み取れるが、この一文はもう少しきれいに表現できそう

 すっごい詳しくアドバイスありがとうございます。
 普段から本を読まないので文章の荒さが目立ちますね。昔小説の書き方が載ってるサイトを見ていたくらいで繋げかたどうのこうのはそんなに知らないですからねえ。参拝と惨敗をダジャレのように並べたかったってだけだったり、言葉の引き出しも少ないのも自分自身としてはなんだかなあとは思っているんですけどねー。
更新履歴

◆6/4
『美鈴の冒険ちょこっと版』配布

◆12/24
『ポチポチ30』RPGアツマールに投稿

◆11/27
『ドリームカマー』ニコニコ自作ゲームフェスMVに投稿

◆9/23
『びしばし東方ver1.3』に更新
◆9/09
『びしばし東方ver1.1』に更新
◆9/06
『びしばし東方ver1.0』公開
最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

プロフィール

アカ

Author:アカ



TweetsWind


お絵描き掲示板

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。