ずぁっき。

小学校の頃に帰りの会っていうのがありまして。
その日にどんなことがあったか、明日の予定を伝えたりとか、そういうの。まあよくあるやつだと思うんですけど。
で、ウチの学校では歌も歌ったわけでして。皆さんも歌はあったかどうか分からないけど、とにかくなんか知らないけど歌も歌うわけで。
選曲は誰かしらが持ってきたやつを一週間くらい歌うんですよ。
音楽の教科書に載ってるやつを歌ったりしたけど、それ以外だとポケモンいえるかなだとかGLAYだとかモーニング娘。だとかわりと好き勝手にチョイスできたっていう。しかもフルで歌うっていう。正直はよ帰してくれやと思っていたっていうどうもこんばんは僕です。

良いお天気でちょっと出掛けたりしたのですが、暑くて外に長居できないっていう。なんだかなぁ。
そんなこんなでとりあえず短期の仕事を入れました。まだ開始じゃないけど、すぐ終わるのでまた職探しに戻らないといけないんです。ちょっとした小遣い稼ぎですね。

最近めっきり配信をしていませんが、特に深い理由はありません。なんとなくやってないだけです。また今度ね。

けっこう頭の中ではもっと真面目~なお話を書きたいなぁとは考えているんですけど、まとめようとは思っていないので断片的なシーンだけ妄想したりするんですよねぇ。そういうのありませんか?僕はあります。

例えば。
まだ弱い主人公がいきなり敵の幹部と鉢合わせて絶体絶命の展開とか。

幹部「お前みてぇなクソゴミカスが救世主だって?笑わせてくれるじゃねえか」
主人公「くっ……!俺はここでやられちゃうのか……ッ?」
幹部「がっかりだ、死ね」

いきなり主人公の身体がピかーッ

幹部「ぐ、ぐわー!なんだこの光はー!」
主人公「ち、力が……湧いてくる!」


例えば。
口数の少ない女の子と、あーじゃあさっきの主人公が焚き火を囲んで喋るシーンとか。

主人公「眠れないの?」
女の子「……別に(体育座り)」
主人公「なんか飲む?ホットミルクとか作ろうか?」
女の子「…………」
主人公「まあ、眠れないのも無理ないよね。あんなことがあった後だもん。そりゃショックだよね」
女の子「…………(腕の中に顔を埋める)」
主人公「気にすることないよ……と言いたいけど、気にしちゃうよね。あ、砂糖いる?」
女の子「…………」
主人公「よかったら話聞くよ。腹の中に溜まってるもの吐き出せば少しは気持ちも楽になるんじゃないかな。……そろそろいいかな。はいミルク――あっつぅいッ!」
女の子「…………。うるさい……」


意味もなく即興で書きましたが、こういうシーン作りたいなぁと思ったりするわけですよ。
妄想を楽しむだけで終わりですけどね。

美鈴弐もそうですよ。こういうのやりてぇー!って思ってることは色々あります。メモついでに書いておこうっと。
(※このメモは開発中のものであり、実際にこのシーンが採用されるとは限りません。あと今作は異世界へ行く的な設定です)


美鈴「こ、ここは……」
霊夢「私が貴方を呼んだの。この世界を救う英雄を……ね。初めまして、私は霊夢。英雄さん、貴方の名前は?」
美鈴「美鈴です、紅美鈴……。あの、お嬢様……いや、レミリア・スカーレットは何処に?」
霊夢「慌てないで。こんな所で話すのもなんだし、とりあえず歩きながら話すわ」


慧音「なんでも三賢人の一人であるパチュリー・ノーレッジの家があるらしい」
美鈴「ぱ……パチュリー様ですかッ?」
慧音「うん……?パチュリー殿を知っているのか?」
美鈴「あっ、いやっ、その……あはは」
慧音「…………?まあいいか」


美鈴「すいません、船に乗りたいんですけど」
小町「最近船を襲う巨大妖魔が出没していてねぇ、今は船を出すことができないんだよ」
美鈴「そ、そんなー……」
パチュリー「だったら私達がその妖魔を退治すればいいわね」
美鈴「ちょっ……パチュリー様!」
小町「いやいやいや、あの妖魔はとても凶暴だしあたいも海の藻屑になりたくないから出港したくないんだけどねぇ……」


妹紅「天翔る船……ねぇ。慧音、何か知ってる?」
慧音「聞いたことあるな。たしか……大昔に僧侶が乗っていたという……名前はなんだったかな……。せ、せいる……せいりむ……?」
美鈴「……もしかしてセイレンセンですか?」
慧音「そ、それだ!」



あ、お腹空いた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

つい100の質問のほうへ投稿してしまったので、「そっちも見て」の届け出・・・と。
なんか主人公と幹部の会話が「きょうや」(主)と「朝陽」(幹)で、
主人公と女の子の会話が「フーちゃん」(主)と「ひかげ」(女)に見えてしまうのだが・・・。
アカさん依存症かな(笑)

No title

断片的な妄想をどうにか繋いで、1つの物語として紡ぎ出す
自分がノベルゲーシナリオ書く時に、たまにやる手法の1つです
RPG制作じゃ、まだやったことないけどね(大体行き当たりばったりだし)

Re: No title

> つい100の質問のほうへ投稿してしまったので、「そっちも見て」の届け出・・・と。
> なんか主人公と幹部の会話が「きょうや」(主)と「朝陽」(幹)で、
> 主人公と女の子の会話が「フーちゃん」(主)と「ひかげ」(女)に見えてしまうのだが・・・。
> アカさん依存症かな(笑)

 自分の分かりやすいキャラで脳内変換して楽しんでもらえればそれでいいですよん。

Re: No title

> 断片的な妄想をどうにか繋いで、1つの物語として紡ぎ出す
> 自分がノベルゲーシナリオ書く時に、たまにやる手法の1つです
> RPG制作じゃ、まだやったことないけどね(大体行き当たりばったりだし)

 キーワードみたいなものを繋ぐみたいなそんな感じの考え方ですねえ。
 すんっごく書きたいシーンがあったらそこへ向かわせるために必死こいて展開考えますからねえ。

No title

> すんっごく書きたいシーンがあったらそこへ向かわせるために必死こいて展開考えますからねえ。

わかります
その為だけに世界観やキャラの設定なんかを考えることもざらです

Re: No title

> > すんっごく書きたいシーンがあったらそこへ向かわせるために必死こいて展開考えますからねえ。
>
> わかります
> その為だけに世界観やキャラの設定なんかを考えることもざらです

 ですね。
更新履歴

◆12/24
『ポチポチ30』RPGアツマールに投稿

◆11/27
『ドリームカマー』ニコニコ自作ゲームフェスMVに投稿

◆9/23
『びしばし東方ver1.3』に更新
◆9/09
『びしばし東方ver1.1』に更新
◆9/06
『びしばし東方ver1.0』公開
最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

プロフィール

アカ

Author:アカ



TweetsWind


お絵描き掲示板

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: